あなたはこの症例、
どう読みますか?

大学病院の選りすぐりの症例です。
解説はクリックしてご覧ください。

  • 胸部X線問1:胸部X線
  • 腹部超音波準備中
  • 上部消化管内視鏡準備中

専門医の豊かな知識と経験にアクセス 画像診断ナレッジサービス

技術の進化により、有用性の高い情報が得られるようになった画像検査は、
現代医療において必要不可欠な存在です。
しかし、診断には高度な専門知識と熟練が必要なため、診断を行う専門医が不足しています。
メディカル指南車は、医療情報の専門家による知識情報処理でこの問題を解決。

動画で見る 画像診断ナレッジサービス

画像診断ナレッジサービス 開発の背景

画像診断ナレッジサービス 読影指南[Doc.navi-simu.Doc-dcore] 医学生の学習教材 研修医の学習支援、指導医の教材 医師の画像診断 技師の読影補助 ITサービスのコンテンツ

  • 画像診断ナビゲーター [Doc.navi]
  • 画像診断シミュレーター [simu.Doc]

NEW!メディカル指南車の新サービス

画像診断ナビゲーター[Doc.navi] 高度に専門化された現代の画像診断プロセスを幅広くバックアップ。確かな専門知識と先進の知識情報処理により、医療現場の効率性と患者さまの信頼確保の両立を支援します。

可能性の高い疾患候補の一覧表示により診断精度の向上に寄与/疾患候補の把握・認識によって次のアクションの適格な判断に有用/所見や診断から画像症例を瞬時に検索することで診断の効率化に貢献

画像診断ナビゲーター[Doc.navi]

※注:上記の症例画像(画像左)は患者症例画像を表示した参考画像になります。アプリでは症例画像は表示されません。

機能1 画像診断ナビゲーション

患者様の撮影画像を見ながら「基本部位」「基本所見」と選択していくと、膨大なエビデンスに基づいたデーターベースから可能性の高い疾患候補を色分けして一覧で表示します。

画像診断ナビゲーション

機能2 画像症例検索

厳選された有用性の高い症例画像に、「患者属性」「確定診断」「診療録」「専門医の解説」の情報をリンク。「基本所見」「診断」などから画像症例が瞬時に検索できるので、患者さまの画像との比較により診断の効率化が期待できます。

画像症例検索

症例解説

各症例画像では、専門医がこの画像をどのように読み解くのかについての解説を参照することができます。

症例解説

その他機能 【診療録作成の支援】画面で選択した「基本部位」「基本所見」「診断」は、自動的に文章化され診療録が生成できるので、診療録を作成する手間の軽減や、診察時間の短縮につながります。 【所見解説】特徴的な所見がある画像を確認しておくことで、所見の判断が容易になります。 【疾患説明】「診断結果」「病気に関する説明」「治療方針」「生活上の注意」などを患者さまにわかりやすい言葉で表示。印刷してお渡しすることもできます。

推薦者の声 [兵庫県立加古川医療センター部長(医療情報担当) 放射線科部長 酒井英郎] 専攻医など初学者の「一次読影」や診療放射線技師の「読影補助」の際に、各自の能力にばらつきが大きく、その品質が不安定なことが問題になりますが、このDoc.naviの活用によって、能力差を補完して均質化し全体的な能力を向上させる効果も期待されます。

モニターの声 (病院・診療所医師、医師・研修医など) ・的確な判断と素早い決断を実現してくれるプロの道具 ・診療録作成の機能により、短時間できちんとしたエビデンスを残せる ・画像診断の考え方やプロセスなどが理解しやすい ・研修医時代に学んだものの忘れていることを所見解説で確認できるので助かる ・画像症例検索は、診断に悩んだ際に活用。実際の画像に接することで、臨床現場での応用に直結 ・患者さまに、症例画像を用いて診断結果をよりわかりやすく説明できる

[Doc.navi]機能説明動画

NEW!メディカル指南車の新サービス

画像診断シミュレーター[simu.Doc]専門医・指導医の読影プロセスを疑似体験画像診断のトレーニング&スキルアップに

※旧サービス「画像診断eラーニング読影指南L」は、「simu.Doc 応用編」にサービス名を改めました

いつでもどこでもインターネットで学習可能/大学病院の保有データから学習効果の高い症例を厳選/臨床に近い環境を再現し「異常」を見抜く読影力をUP

基礎編 ドリル感覚で繰り返し学習しながら基本スキルを養成 ランク表示により、自分の実力レベルや目標設定も明確化

通常問題通常問題 難易度を選んで学習(1)学習したい項目の「難易度」を選択 (2)4〜6つの選択肢から解答を選択 答えに迷ったら「ヒント」を参照! (3)「答え合わせ」をクリックし、正解と解説を確認 (3)全問解き終えたら、今回の成績や自分のランクをチェック (4)「もう一度」をクリックすれば再チャレンジも可能
テーマ別問題テーマ別問題 学びたい項目を学習(1)学びたい「所見」「症例」を選択 (2)4〜6つの選択肢から解答を選択 答えに迷ったら「ヒント」を参照! (3)「答え合わせ」をクリックし、正解と解説を確認 (4)全問解き終えたら、今回の成績や自分のランクをチェック

基礎編ポイント 問題を解いたらすぐに解説を確認| 成績表で自分のレベルや学習成果をチェック|繰り返し学習やテーマを絞った学び方も可能

応用編 臨床の画像診断プロセスをモニターに再現 疑似体験しながら即戦力となる読影スキルを向上

画像診断シミュレーター[simu.Doc]

応用問題の仕組み

(1)初期画面にて、問題の範囲、難易度などを設定 (2)症例画像をモニターで確認し、 選択肢から正しい用語を選択 (3)「答え合わせ」と「解説」を確認 (4)成績表示をクリックして、自分の成績やランキングをチェック

こんな方におすすめ

初学者から上級者まで、
各自のスキルアップに効果的な学習法です。

ポイント1
解答項目が選べ、スキルに合わせた学習が可能
「基本部位」「基本所見」「診断」から解答する項目を選択することができます。ご自身が必要とするスキルにあわせた学習設定をしましょう。
ポイント2
入門~上級まで4つのレベルをご用意
厳選された教育用症例約500例が問題として出題されており、入門・初級・中級・上級と4つのレベルに分けられています。学習者のレベルに応じ問題を設定できます。
ポイント3
段階的なレベルアップが可能
「ヒント設定」機能を上手に使えば、段階的なレベルアップが可能です。学習を始めたばかりの頃は、ヒント機能を最大限に使ってみましょう。スキルアップしていくにつれて、ヒント表示をだんだんと減らし、段階的なレベルアップをしていきましょう。

ご利用者のコメント

鮮明な症例画像を、モニター画面でたっぷり観察できるのが良かったです。また病変のある画像だけでなく、正常症例もあり参考になりました。
病変の場所、その形態、最終的に何が疑われるのか。こうした読影のプロセスを体感でき、技師として必要な画像を考えることができました。
医師の診断に必要な画像を知ることで、診断・治療に役立つ画像の読影を意識できます。臨床では、技術と知識を身につけていきたいです。

放射線診断専門医 三原 直樹 (運営委員/大阪大学医学部附属病院 医療情報部 副部長 准教授)

異常像が目に飛び込んでくる感覚を身につけよう

現在の医学では、医用画像の重要性がますます高まっています。そして撮影機器の進歩にあわせ、得られる画像の精度が上がり、医学にとって不可欠のツールとなりました。しかし画像はあくまでも「データ」であり、付加価値をつけ意味のある「情報」にする必要があります。「読影」とは、まさに「データ」に魂を吹きこみ、有用な「情報」にする作業であり、これを学ぶことで自分自身の力量の向上はもちろん、医療に大きく貢献できるのです。胸部単純写真は、大抵の診療所・病院で撮影できます。また費用も安く、よく撮影されています。写真には非常に多くの情報が詰まっており、医療において有用な情報をもたらしてくれます。医学を学ぶ人には、ぜひ読影を体系立てて勉強し、写真から有用な情報を引き出せるようになってほしいと切に願います。数多くの症例にあたることで、正常像がどのようなものかわかるようになり、異常像が自然と目に飛び込んで来るようになります。こうなると読影も楽しくなり、能力もさらに上がることでしょう。この感覚を身につけるツールとして、「simu.Doc」がお役に立てれば幸いです。

[simu.Doc]機能説明動画

ご利用施設

兵庫県立淡路医療センター
いつでも・どこでもWEBで学習できるので便利です。
医療法人汐先会 井野病院
効率的に学習できるので、職員の教育ツールとして活用しています。
兵庫県立柏原病院
住民健診の一次読影に役立ち、日々のスキルアップに使用しています。
兵庫県立西宮病院
教育用のツールとして活用しています。
  • 画像診断ナビゲーター [Doc.navi]
  • 画像診断シミュレーター [simu.Doc]

料金体系

6ヶ月
12ヶ月
セット [Doc.navi]+[simu.Doc]
6,000(各モダリティ)
12,000(各モダリティ)
単体[simu.Doc]
3,000(各モダリティ)
6,000(各モダリティ)

    ※税抜き価格となります(法人の方は別途、お問い合わせよりご連絡ください。)

  • ●初回お申し込み月は無料、翌月から利用料を頂戴します。
  • ●返品、解約について
    • (1)返品はサービスの性質上お受けいたしかねますのでご了承ください。
    • (2)解約について サービスを終了する場合は、解約のお手続きをお願いいたします。解約手続きが完了すると、ご利用はただちに終了します。

[Doc.navi][Doc.navi]を快適にお使いいただくための推奨環境については、こちらをご確認ください。

[読影指南の核となる読影指南データベース[d-core]とは? 知識ベースと画像症例データベースの連動により診断フローに沿った情報を提供。

知識ベース

膨大な症例データに基づき、画像診断に必要な「撮影条件」「基本部位」「基本所見」「診断」などの要素(語彙)をグループ化し、関連付けてデータベースを構築。情報に“意味づけ”するセマンティックWeb技術により、“データ”から“知識”への進化を実現。

知識ベースについて詳しく見る

画像症例データベース

有用性の高い症例を抽出し、匿名化した画像に患者の性別・年齢・確定診断などの情報を付加。知識ベースとの相互関係を定義することにより、幅広い二次利用に対応できるデータベースを構築。

画像症例データベースベースについて詳しく見る

監修

  • 大阪大学医学部 准教授 医学博士 三原直樹 日本医学放射線学会 放射線診断専門医・指導医  日本医療情報学会 上級医療情報技師
  • 元大阪市立大学医学部 特任准教授 仲島クリニック院長 医学博士 仲島信也 日本超音波医学会 超音波指導医
  • 関西医科大学 准教授 医学博士 仲野俊成 日本消化器内視鏡学会 指導医

ライセンス提供については下記より
お気軽にお問合せください。

画像診断のいろは

毎月、解説を掲載します。学習の参考にぜひご覧ください。

所見解説

拡大表示

症例解説

拡大表示