開発の背景

人材不足の今、画像診断のスキルを持つ専門医や技師が求められています。

不足している放射線科専門医
撮影機器の進歩により画像診断の重要性はますます高まっており、それに伴い画像診断の十分なスキルを持つスペシャリストの育成が急務となっています。 しかし、放射線科専門医は不足しているのが現実です。こういった現状において、診療所などでは専門医以外の医師が画像診断を行うことが不可欠になってきています。そのため、専門医の画像診断能力を専門医以外にも共有できるような学習用システムが求められています。
診療放射線技師のスキルアップを
放射線科領域で画像を撮影する技師も、画像に接する機会が多く、専門医が画像を元にどのように診断するのか、プロセスを知ることは重要です。画像診断に関する知識を得ることで、適切な画像を撮影したり、専門医が診断する際のサポートもできるようになります。放射線技師にとっても、画像診断スキルを効率的に習得できるシステムは必要だと言えます。
学習用システムは、人材育成に有用
メディカル指南車では「大阪大学大学院医学系研究科放射統合線医学口座教室」のデータ監修のもと、画像診断知識ベースと画像症例データベースを作成し、画像診断に必要な知識を容易に参照できる仕組みを構築しました。これらの研究成果が、画像診断アシストサービス「読影指南」なのです。 必要なスキルを持ち合わせた即戦力を育てなければいけない今、この画像診断アシストサービス「読影指南」は放射線科専門医を目指す医師にとどまらず、専門医以外の医師、診療放射線技師、診療放射線技師を目指す学生に非常に有用であると考えています。